UR賃貸住宅物件特集

UR賃貸住宅物件特集

UR賃貸住宅について

◆UR賃貸住宅とは?

UR賃貸住宅

UR都市機構は、都市公団から受け継いだ全国約77万戸の賃貸住宅を居住の安定に配慮しながら、適正に管理しております。都市公団の賃貸住宅(公団住宅)から、都市再生機構の英語略称(Urban Renaissance Agency)「UR」を冠して、現在は「UR賃貸住宅」と称しています。

UR賃貸住宅の特徴

先着順受付

UR賃貸住宅は、空き住宅があれば、弊社にてすぐにご案内・お申込みになれます。ただし、先着順のためご希望の住宅がない場合もあります。

単身向けから大型ファミリー向けまで

UR賃貸住宅は、ワンルームタイプからファミリー向けまで、様々な間取りのバリエーションがございます。また、間取りの広さも魅力のひとつです。

社宅利用も可能

事業者が従業員用の社宅として申込むことができます。(一部団地を除きます。)

便利な複数戸貸制度

申込本人(契約名義人となる方)が現住所にお住まいのまま、18才以上の方1名を含む親族を、入居させるためにお申込みいただけます。(一部団地を除きます。)

UR賃貸住宅の制度紹介

制度1 ハウスシェアリング制度

この制度は親族同士ではなく、気の合う友人と一緒に家賃を折半して暮らせる制度です。 従来は一定範囲内の親族のみの同居でしたが、気の合う友人と暮らす事により、毎日を楽しく便利に暮らすことができます。

(注1)この制度をご利用の方は、マルチハビテーション制度は適用されません。

(注2)一緒にお住まいになる方全員が契約名義人となり、一定の収入要件を満たしていただくことになります。

制度2 マルチハビテーション制度

UR賃貸住宅をお求めになる方からのご要望のひとつに"セカンドハウスとして借りられないかな?"という声がありました。今までは、生活の本拠地として自らお住まいいただくことをお願いしてまいりましたが、この制度によって「セカンドハウスがあれば、暮らしに楽しみができる。自分の住宅として住むことに変わりはないんだから…」というご希望にお応えすることができました。

(注) この制度をご利用の方は、ハウスシェアリング制度は適用されません。

制度3 収入要件の緩和

この制度は現在お持ちの貯蓄額が一定額(基準貯蓄額)以上あればご契約いただけるという制度です。ご希望の住宅の家賃の100倍以上の貯蓄額(基準貯蓄額)があれば、お申込みいただけます。しかも、すべてのUR賃貸住宅に適用しているので、グッと身近になりました。例えば、家賃7万円のお部屋をご希望の場合は、700万円以上の貯蓄額があれば、入居できます。また、一定額以上の継続収入がある方であれば、家賃の50倍でも入居できます。

(注) 一定額以上の継続収入とは、平均月収額(年間総収入の12分の1)が家賃の2倍以上です。※全UR賃貸住宅が適用対象です。

制度4 家賃等の一時払い制度

このたび、家賃等の一時払い制度(一定期間の家賃及び共益費をまとめて前払いすることにより、その期間中割引いた家賃等でお住まいいただける制度)が60歳未満の方にもご利用いただけるようになりました。この制度をご利用いただく場合は、申込資格に定める収入や貯蓄に関する要件は問いません。


1.対象となる方  新たにご契約いただく個人の方。年齢を問わずこの制度をご利用いただけます。

2.一時払い期間  入居開始可能日の属する月の翌月から1年〜10年以1年単位でお選びいただけます。

3.家賃等の割引  一時払い期間に応じて都市機構が定める割引率により家賃等が割引かれます。

4.契約書     住宅の賃貸借契約とは別に「家賃等の一時払い」契約を締結させていただきます。


なお、一時払い期間終了後は、毎月の家賃等を、都市機構の指定する金融機関等における口座振替の方法により当機構の定める日までにお支払いいただくことになります(一時払い契約終了時に再度「家賃等の一時払い」契約を締結することができます。)。 他の制度との併用ができない場合もあります。

スタッフお気に入りのお店一覧へ
管理物件
オーナー様へ
モバイルサイトへ

このページのTOPへ